卵巣嚢種手術 術後の経過 

皆さん。
たくさんの温かいコメント、メールをありがとうございます。
最近コメント無しでの更新ばかりなのに、
皆さんが今もご訪問してくださることがとても嬉しいです。
お返事はもう少し体が落ち着いてから、
必ずしたいと思っています。

手術から数日経ち、
今回のことを報告させていただきます。
予定どおり19日(木)の4時から手術が始まり、
1時間30分ほどでおわりました。
手術自体は最初の麻酔が痛いくらいで
あとは全身麻酔のため、
「終わりましたよ」と声をかけられるまで記憶がありません。
ただ、起こされた直後の記憶は曖昧で、
私は何度も「赤ちゃんは?」「助かったの?」と
繰り返し聞き
先生に「大丈夫だよ」と言われると
安心したのかしばらく泣いていたそうです。

一眠りした後、痛みはすぐにやってきました。
まず何もしていないのに常に痛い。
帝王切開で出産された方と同室でしたが、
その方が手術翌日歩いて病室に向かっていったのに対し
私は痛みで起き上がることも出来ない状態でした。
妊娠していると言うことで
最低限の痛み止めしか使えず、
6時間効果があるはず内服薬が4時間で切れてしまい、
(1日に3回しか飲めません)
常に痛みとの戦い。
帝王切開の方は強めの痛み止めを使っていたそうです。
(この病院は術後、
出来るだけ早く動くように指導されます。
動いた方が傷の治りが早いらしいです。)
回復室に私一人だけとなり焦っていましたが
それでも日曜日の夕方には何とか歩けるようになって病室へ移動。
回復も近づいたかなぁと嬉しく思っていたら
その日の夜、卵巣を摘出したにも関わらず、
左足の付け根に強い痛みを感じはじめました。
それだけでなく、生理痛のような痛みまで感じはじめ、
もう子供と一緒に過ごせる時間は
短いのかなぁ恐怖を感じました。
そして今日、朝一番に診察をしてもらうと、
子宮も子供も大丈夫との診断。
卵巣が無くなったことで、
子宮が正常な場所に、
以前より丸く良い形であるとのことでした。
結局、この痛みの原因はわからずじまい。
病室にもどり悩んでいると
看護士さんが
「先生から大丈夫って言われたんだから
もう少しリラックスして過ごしましょう」と
励ましてくれました。
大丈夫、何とも無いと言われても、
実際にずっと痛みがあり、
先生が「生理痛みたいな痛みはまずいけどね…」という
生理痛のような痛みもあるわけで…
まだまだ入院生活は続きそうですが、
どう気持ちを持っていっていいかわかりません。
私ができることは安静にすごし、
点滴の動悸に耐えることだけ…
一日中何もしないでいると気が滅入るので、
寝ながらでも出来ることをさがそうと思います。

            追記(PM4:20)
術後、ずっと腹帯をまいていましたが、
先程入浴のために久しぶりに自分のお腹を見てみると
今までのお腹の出方ではなく、形が変化していました。
看護士さんに話すと、
「ドーンと邪魔していた卵巣がなくなって、
子宮が前に出てきたのかもねー」と言われました。
その話を聞いて
さっきまでの不安な気持ちが薄れ、
頑張るぞ!の気持ちが出てきました。
(単純でスイマセン…)
自分に出来ることは限られているけれど、
精一杯がんばろうと思います。

スポンサーリンク


[2007/07/23 13:46] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)