スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク


[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)

化学流産 基礎体温と体調 

こんにちは☆
体調はだいぶラクになったものの、
まだダルさがあり、家事以外は横になって過ごしています。

今回のことは化学流産としては期間が長く、
症状も稀だったのですが、
記録として記事にすることにしました。
生々しい表現になっていますので、
ご気分の悪い方はどうかスルーされてくださいね。



先週2月16日(金)から出血が始まりました。
痛みはいつもの生理痛よりもかなり強めで、
「うぅ」と声が出てしまうほど。
そしてその日の晩、何か大きなものが出た感覚があり、
トイレにいくと、それまで見たことの無いものが出ていました。
私は血の塊が出やすいのですが、
血ではなく、白い膜のような塊でした。
それが出てからは痛みも弱くなり、いつもの生理痛ぐらいに。
そして出血が始まって4日目の2月19日(月)、
病院へ行ってきました。

超音波検査で調べると、内膜のほとんどが出た状態で、
あとは出血が少し残っている程度。
「白い膜のようなものは子宮内膜だと思うよ。 
 それがいつまでも残っているようなら手術が必要だったんだ。
 持ってきてくれれば検査できたんだよ」と言われました。
そしてHCG値が低くなるまでは
子宮外妊娠の可能性が否定できないとのことなので検査し、
昨日、検査の結果を電話で聞くと
HCG値が「13」にまで下がっていたとのこと。
おじいちゃん先生から、
「このまま様子を見ていて大丈夫そうだね。
 手術の必要はないよ。
 今度は2週間後に見てみよう。
 そのときには、卵巣に大きくなった卵胞が見えるか、
 排卵済みの卵胞の跡が確認できるかもしれないね。」 
とのお話でした。
先生は私を励ますために
 「今回は残念だったけど・・・」と話し始めましたが、
私は
「今は結果がわかってスッキリしています。
 手術の必要がないということで安心しました。
 今回が最後ではないので、また次がんばります。」
と答え、先生は
「あなたがそう言ってくれて先生も安心しました」
と言ってくれました。

<<基礎体温&体調>>
日 周期 体温 仲良し  体調        薬
1/2  低1  無し
1/3  低2  無し
1/4  低3  無し
1/5  低4  無し
1/6  低5  無し
1/7  低6  無し
1/8  低7  無し
1/9  低8  無し
1/10 低9  36.16
1/11 低10 36.17
1/12 低11 36.07
1/13 低12 36.30
1/14 低13 36.13
1/15 低14 36.24 ○
1/16 低15 36.35   大量の伸びるオリモノ
1/17 低16 36.42 ○
1/18 低17 36.37   左下腹部に痛み 
1/19 高1  36.44 ○
1/20 高2  36.62
1/21 高3  36.45
1/22 高4  36.70
1/23 高5  36.61
1/24 高6  36.67
1/25 高7  36.64
1/26 高8  36.69
1/27 高9  36.70
1/28 高10 36.74
1/29 高11 36.61
1/30 高12 36.73
1/31 高13 36.77
2/1  高14 36.61 左足付け根痛 妊娠検査薬陽性(薄い)
2/2  高15 36.75 左足付け根痛・出血・吐き気
2/3  高16 36.74 病院(胎のう確認出来ず)
            HCG値70           デュファストン・ダクチル
            左足付け根痛・出血・吐き気    〃
2/4  高17 36.81  左足付け根痛・出血・吐き気    〃 
2/5  高18 36.78 左足付け根痛・出血・吐き気     〃
2/6  高19 36.74 左足付け根痛・吐き気        〃    
2/7  高20 36.73 左足付け根痛・吐き気        〃
2/8  高21 36.68 左足付け根痛・吐き気        〃
2/9  高22 36.75 深夜に病院(胎のう確認出来ず)   〃
            左足付け根に激痛・出血・吐き気  
2/10 高23 36.87 病院(胎のう確認出来ず)      〃
            HCG値800
            左足付け根激痛・出血・吐き気   
2/11 高24 36.81 左足付け根激痛・出血・吐き気    〃  
2/12 高25 36.78 左足付け根激痛・出血・吐き気    〃
2/13 高26 36.85 左足付け根痛・出血・吐き気     〃
2/14 高27 36.75 病院(胎のう確認出来ず)       〃
            HCG値300
            左足付け根痛・出血・吐き気
2/15 高28 36.58 左足付け根痛・出血   
2/16 低1  36.36 下腹部に激痛・出血大量・白い膜の塊
2/17 低2  36.25 下腹部痛(生理2日目程度)出血大量
2/18 低3  36.28 下腹部痛(生理2日目程度)出血大量
2/19 低4  36.18 病院(内膜ほとんど見えない)
            HCG値12 
            下腹部痛(生理終了時期程度)出血中量 
2/20 低5 36.11  下腹部痛(生理終了時期程度)出血少量
※病院で排卵を確認していないので、
 高温期と数えた始めた日は確実ではありません。   
 基礎体温計の表示で数えています。
 最初に妊娠検査薬で陽性反応がでたのが2月1日。
 そのときは時間も経っていたし、とても薄いラインでしたが、
 それから毎日検査すると、
 ラインは日に日に濃くなっていきました。


昨年11月から治療をやめ、独自で体作りをしていました。
治療をしていた頃でさえ、
排卵しているのか分からなかった私が、
今回化学流産という、もう少しの段階までこれたことは、
体作りをしていたことが大きいのかなぁ思っています。
(「化学流産=もう少しだった」というのは私の考えであり、
 お医者様の意見ではありません)
<<体作りのためにしていたこと>>
・漢方(周期療法ではなく、まずは胃腸と冷えの改善)
・発芽玄米(白米と1:1)
・ご飯+魚+野菜たっぷり味噌汁+納豆が基本の食事で
 あとは煮物や副菜
・豆類をたくさん(納豆・枝豆・黒豆など) 
・自宅での調理時、油は全てオリーブ油
・冷たいものを飲まない&食べない
・「コアラのマーチ」ホッカイロで1日中温める
・ヨガ
・ツボ押し
・半身浴

本当はもっと努力する点はあるのですが、
今までほとんど体に気を使わず暮らしていたので、
これだけでも私には十分効果があったみたいです( ̄∇ ̄*)ゞ
あとは昨年末から挑戦していることがあり、
「赤ちゃん待ち」から少し離れ、
別のことに夢中になっていたのも良かったのかなぁと思います。
新しく始まった周期。
体を休めるために、上記の体質改善のことは忘れて、
しばらく自由に過ごすつもりです。
今回のことで排卵できることが分かったので、
あとは卵の質を良くすることと着床!
また春からモリモリ体質改善です(`・ω・´)シャキーン

たくさんの温かいコメント・メールをありがとうございました。
支えてくれるお友達がいてくれること。
本当に感謝しています。
いろんな方のお話を聞き、
そして今回の経験で、少し強くなれた気がします。
まだ先は長そうですが、諦めず歩いて行きたいです。
これからもどうぞ宜しくお願いします☆

ブログはもう少しお休み。
ご訪問はランキングの応援だけで失礼させていただいています。
今度記事を更新するときは、
元気モリモリ「フンガー」でお話したいと思います!

長い記事を読んでくださりありがとうございます。
読んでくださった方の中には
「化学流産」という言葉を検索し、
不安な気持ちで
このページを開かれた方がもいらっしゃると思います。
この記事でさらに不安にさせてしまったとしたら、
本当にごめんなさい。
今回の私のケースは稀で、
化学流産のほとんどは高温期が続かず、
生理予定日前後でのリセットとなるそうです。
今、不安な気持ちでいっぱいのことと思います。
どうか化学流産ではなく、
胎のう・胎芽・心拍が確認されますように。

いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
ポチッとしていただけると嬉しいです


88-31-1.gif banner_02.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

スポンサーリンク


[2007/02/21 08:16] 体作り~妊娠まで2006・2007 | コメント(-)| トラックバック(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。