入院生活(26W5D) 

こんばんは。
そろそろ10月も終わり。
私は相変わらず張りやすい状態が続き、
点滴の量は増えたり減ったりを繰り返しています。
だいぶ長さが回復していた子宮脛管の長さも、
張りが続いていたからか3.4センチまで縮んでしまい、
この調子だと、今月末の誕生日だけでなく、
クリスマスもお正月も病院のベットで過ごすことになりそうです。
今週の検査でもやはり赤ちゃんが小さく、
しばらく落ち込みましたが、
赤ちゃんが大きくなるためにも、
1日でも長くお腹のなかにいてもらうことが大切なので、
予定日まであと3ヵ月。
頑張ります。
[2007/10/26 17:03] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(25W6D) 

おはようございます。
入院生活も1ヵ月が過ぎ、
水曜日に7ヵ月1回目の妊婦検診がありました。
赤ちゃんはギリギリではありましたが、
グラフの中にはいるくらいに成長してくれていました。
心配していた子宮脛管の長さですが、
張りは相変わらず頻繁なのに4.5センチにまで伸びていて、
それを見た先生から
『よし、点滴を減らそう』との提案が…
不安いっぱいのなか水・木曜と点滴の量を減らすと
『これだけ子宮脛管が戻ってるってことは
張りはそんなに強くないだろうし、
落ち着いてきてると思うから
点滴を減らしても今より張りは増えないだろう』
という先生の予想とは逆に
張りの回数が急に強くなり、
点滴の量が減っているのにも関わらず、
動悸や息苦しさが強くなりグッタリ。
昨日から点滴の量を少し戻して様子をみています。

先生は退院に向けて
これからも何度かチャレンジしようと考えているそうですが、
『予定日まであと3ヵ月と少し。
無事に出産する為なら、
ずっと入院していてもいい』と考えている私は
チャレンジのたびに不安になりそうです。
[2007/10/20 08:51] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(24w5d) 

こんにちは。
入院生活も3週間が過ぎ、
日曜日から7ヵ月にはいりました。
入院する要因となった子宮脛管の長さですが、
入院時 3.2センチ
点滴開始日1週間 5.1センチ
点滴開始2~3週間 3.7センチ
少しずつ点滴の量を減らしていますが、
この2週間は落ち着いているようなので、
また少し点滴の量が減りました。
入院するときに
『これ以上長さが短くなったり、
点滴でも縮みが戻らないようならば
子宮脛管をしばる手術をするかもしれない』と説明を受けていましたが、
今のところ大丈夫のようです。

つわりや入院で5キロ痩せ、
「赤ちゃんが大きくなってなかったのは
自分の体重が増えないことが原因かもしれない」と不安になり
気持ち悪くなるほど食べたこともありましたが、
最近やっと体重が増えてきて、
現在妊娠前のマイナス1キロまで戻ってきました。
でも、これから増えやすい時期に入るので、
看護士さんに体重管理のことを相談しようと思っています。
[2007/10/12 10:21] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

妊婦検診(23w5d) 

おはようございます。
昨日妊婦検診がありました。
先週の検診からずっと気になっていた赤ちゃんの大きさ。
「大きくなってくれてるかな?」
「大丈夫、きっと大きくなってくれてる」
と何度も自問自答を繰り返し、
前日の夜はなかなか眠ることができませんでした。

そして昨日の検診。
お腹まわりも、子宮底も順調大きくなっており、
赤ちゃんも大きくなってくれていました。
まだまだ標準よりも小さめなのは変わりませんが、
それでも本当に嬉しくて嬉しくて、
診察台の上で涙を堪えるのが大変でした。

検診が終わり、すぐ夫に連絡し、
面会に来てくれた夫の顔は笑顔いっぱいでクシャクシャ。
この1週間、不安いっぱいの私を
「大丈夫、大丈夫」と励ましてくれていた夫でしたが、
やっぱり心配していたんだなぁと思います。

先週末から点滴の副作用の、
脈の乱れや胸痛の症状が強くなり、
少しずつ点滴の量を減らしていますが、
張りはあるものの、
今は落ち着いてくれているようです。
このまま順調に点滴の量を減らしていければ、
今月中にも退院となるそうですが、
病院にいるほうが安心なので無理はせず、
先生や看護士さんとよく相談したいと思います。


[2007/10/04 09:21] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)