スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)

実家にて(18w4d) 

おはようございます。
先週、お腹の張りが気になり病院に電話をすると、
助産士さんから「話だけではわからないから、
これから病院にきてください」と言われ、
『またあの院長先生か…』と思いながら病院へ行くと、
診てくれたのは院長先生ではなく、
一度、時間外診療でお世話になったことのある先生でした。
この病院に通い始めて数年。
ほとんどおじいちゃん先生としか接したことがなく、
他にどんな先生がいるのか知らなかったのですが、
産科担当は院長先生以外に、今回診てくれた先生がいるそうで、
助産士さんと相談して、
これからはその先生の日に検診をしてもらえるようになりました。
転院を考えてはじめてから、
今までの経過のこと、手術のこと、心臓のことなど、
いろんな問題を抱えたまま、
他の病院にいっても大丈夫なのかと悩んでいましたが、
なんとか今までとおりに通えそうです。
ご心配いただいた皆さん。
申し訳ありませんでした。

そして、その日の検査では特に異常がなく、
引き続き安静生活を送り、
先週末は心臓の検査のために循環器の病院に行きました。
さまざまな検査が終え、
すぐに結果がわかる検査では「今のところ大丈夫」との診断。
あとは24時間心電図の検査結果を今週火曜日に聞きにいく予定でしたが、
月曜日の夜に、今まで経験したことがないような胸苦しさを感じ、
息をするのもつらく、横になっているのに目がまわり、
脈をはかると、いつもの動悸時よりも多い状態でした。
しばらくすると少し落ち着いてきたので、
不安に思いながらも張り止めを飲むと、
また同じような状態になりました。
決められた時間に飲むことになっている張り止めですが、
張りが落ち着いていたので数回飲むのを止め、
翌日、循環器の先生に相談すると、
たまたま今回はそういう症状が出てしまっただけで、
特に今飲んでいる張り止めが、
心臓に悪く作用していることはないとの診断でした。
しかし、やはり何も飲んでいない状況とは違うので、
子宮の張りを押さえるだけでなく、
体のいろんなところにも作用しているだろうから、
今回のように体調が良くないときにも、
必ずしも継続して張り止めを飲む必要があるのかを、
産科で相談するように言われました。
最近では動悸の生活にも慣れ、
転院の問題も解決して、
やっと落ち着けるかなぁと思っていましたが、
また悩みがでてきました。
今は少し落ち着き、
いつもの動悸が強い感じで済んでいますが、
いつまた動悸とは違う、あの辛さが起きるかと思うと、
不安がいっぱいです。
スポンサーサイト

[2007/08/29 09:15] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

妊婦検診(17w2d) 

こんにちは。
月曜日に初めての妊婦検診に行ってきました。
まずはおじいちゃん先生の診察では異常なし。
起床時や日中に感じるお腹の張り、
そしてお腹がぱんぱんに膨らんだ感じを相談しましたが、
「腸が動いてるんじゃないの?」と。
確かにトイレに行くと治まるようなので納得でした。
そして「心配なことは何でも何でも担当の先生に聞きなさいよ」
と声をかけてもらい、
おじいちゃん先生からは卒業となりました。

そして妊婦検診。
初めて話す産科担当の先生の印象は、
あまり良いものではありませんでした。
まず何を言っているのかよく聞き取れず、
検査のためにはしょうがないことなのでしょうが、
手術の傷口の上をグイグイ押され、
細胞検査の処置にも気遣いというか、
始める前に声をかけてくれたりなどはなく
私の心臓についても、
全てにおいて優しさはまったく感じられませんでした。
そしてその先生が院長先生だということも不安で、
この数日、転院することを考えています。
そして、いろいろ考えすぎているのか、
今まで以上にお腹の張りや膨らんだ感じを感じるようになり、
これから病院に相談の電話をかけようと思っていますが、
先生ではなく助産士さんにつなげてもらおうと思っています。

[2007/08/22 11:41] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

実家にて(16w5d) 

こんにちは。
昨日、退院して最初の診察に行ってきました。
退院してからの数日間、
札幌では記録的な猛暑となり、
それまで病室のクーラーで快適に過ごしていた分、
すぐにバテバテになってしまい、
お腹も時々硬く感じることがあったので、
入院準備をして病院に行きました。

診察の結果、子宮は入院していたときと変わらない状態で、
出血もないので入院の必要はないとのこと。
次回は来週月曜日の診察だです。
そのとき今までの診察とは別に、初めての妊婦検診を受けます。
妊婦検診からは、おじいちゃん先生ではなく、
産科専門の先生の担当に変わり、
おじいちゃん先生からは卒業となります。
私の場合は今までのことがあるので、まだもう少しお世話になりそうです。

札幌では昨日辺りから気温が下がり秋の気配を感じていますが、
今日も猛暑が続いている地域のみなさん。
どうかお体大切にされてくださいね。

[2007/08/17 12:01] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

退院(16w1d) 

こんにちは。
今朝、1週間お休みだったおじいちゃん先生の検査を受け、
無事に退院することができました。
しかし、まだ仮退院の段階で
今週末の検診結果次第ではまた入院となるそうです。
張りやすい状態は相変わらずで、
4時間おきに張り止めを飲み、引き続き安静生活です。
今回は自宅へは戻らず、実家のお世話になることになりました。
たぶん私だけでなく夫も一緒にお世話になりそうです。

昨日から『安定期』とよばれる5ヶ月に入りました。
私の場合はまだまだ安定期とは言えず、
1日中寝ている状態。
安静がとけて、外出の許可がでたときには、
少し早めでも出産用品を揃えておこうと思っています。
[2007/08/13 11:11] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(15W) 

こんにちは。
今週1週間はおじいちゃん先生がお休みの為、
別の先生に診察してもらっています。
今日の診察では、
いつも以上に一生懸命パンチやキックをしているように見えました。
胎盤はほぼ完成し、初めて「へその緒」を確認できました。
子供がこのへその緒から栄養をもらい、
なおかつ私とつながっていると思うとすごく不思議な気持ちです。

出血はなく、順調に薬の量を減らしています。
このままうまくいけば月曜日の退院となりますが、
まだまだ油断はできないので、
おとなしく過ごしていようと思います。
[2007/08/09 14:05] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(14W) 

おはようございます。
昨日、検診がありました。
子宮は柔らかくなり、出血もないことから、
また薬の量を減らしていくことになりましたが、
前回のことがあるので少し不安です。
でも看護士さんから、
「そうだよね、不安になるよね。
でもマイナスにばかり考えないで、
退院が近づいてきた!ってプラスに考えよう。」
と励ましてもらい、気持ちが落ち着きました。
うまく進めばお盆は家ですごせるかもしれません。

そして14週目にしてやっと先生から
「母子手帳もらってきて」と言ってもらえました。
周りの方に聞くと、
大体9週くらいから母子手帳をもっているそうなので、
「私はまだ安定しないから貰えないんだろうな…」と
不安に思っていましたが、
やっと手にすることができそうです。

[2007/08/03 08:00] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。