入院費&保険について 

おはようございます☆
予想最高気温10度の札幌!!
これからドライブへ出発です
と言ってもスーパーの特売ですが( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

今日は入院に掛かった費用、
そして保険会社からおりた保険金について
整理しておきたいという思いがあり
記事にさせていただきます。
「お金の話は苦手・・・」という方はごめんなさい。
スルーしてくださいね。


まずは私が加入していた保険の内容ですが、
①○○生命(大手保険会社)夫との夫婦保険
 短期入院(4日目まで)1日6000円
 入院 1日6000円
 手術給付金 手術の種類に応じて最高120000円
 同傷病、入院期間合計120日間まで支給

②○ー○共済(大手スーパーの共済)私個人で加入
 入院 1日3000円
 女性特約 上記金額にプラス5000円
 手術給付金 手術の種類に応じて20000・40000・80000
 同傷病、入院期間合計184日まで支給

という2件の保険に加入しています。
 
①は夫の保険を夫婦保険にしてもらって加入しているので、
私個人分の月々の保険料はわかりませんが、
②の共済は月々2000円の掛捨てです。
同傷病○○日というのは、
怪我や病気などで入院し、退院したとしても
後日同じ傷病で入院したときには
前回の入院分と合計され支払い日数が制限されるということで、
私の場合は「切迫流産」と「切迫早産」という、
別々の病名の入院ではありましたが、
『妊娠』に関連する入院ということで合計され、
入院日数トータル152日でしたが、
①の保険では短期入院4日+入院120日で124日分のみの支給となりました。
※私の保険は保険請求後、180日経過した後の入院は、
また1日目としてカウントされます。

続いて実際に掛かった入院費ですが、
私は「高額療養費払い戻し」の制度を利用しました。
これはひと月に掛かった入院費のうち、
一定の金額以上は払わなくて良いというもので、
長期入院者の強い味方です!
(月を跨がず、入院から退院までひと月にまとまった場合に
 特に有効な制度です)
退院後に請求することもできますが、
私は支払いの時点で計算してもらえるように
役所でもらってきた「認定証」を病院受付に提出していました。
(知識不足でわかりずらい説明しか出来ずすいません。
詳しい「高額療養費払い戻し」についてはコチラをどうぞ。)

*掛かった入院費と給付された保険金額*
妊娠5週(流産切迫) 5日間
入院費 45333円
①30000円
②40000円

妊娠11週~16週(切迫流産) 34日間
(12週に卵巣膿種開腹手術)
入院+手術費用 241090円
①324000円
②312000円

妊娠21週~37週(切迫流産→切迫早産) 114日間
入院費 470929円
①510000円(85日分)
②912000円        となりました。

ちなみに出産費用は個室料金も含めて312020円でしたが、
先に支払っていた1月分の入院費で
すでに高額療養費の限度額以上になっていたので、
出産時の分娩以外にかかった費用
(食事や個室料は除く)の支払いが
高額療養費の対象となりました。

今回の入院で思ったことは
「保険に入っていて良かった」ということ。
特に②の掛け捨ての共済は
妊娠がわかる数日前に
「もう解約しようかな…」と考えていたので、
解約していなくて本当に助かりました。
そして私の加入している保険はどちらも
保険金は「退院後に請求」という条件があり、
私は幸い入院期間中2度退院できたので、
その都度保険金を請求できましたが、
退院できずに長期入院になっていたとしたら、
退院するまで保険金の請求が出来なかったということになり、
入院費の支払いが大変だっただろうな・・・
今後もしもの病気のために
お金を用意しておく必要があると思いました。

最後に長くなりましたが、
保険についてはあくまでも私の場合であって、
すべての方に当てはまるものではないと思いますので、
御了承ください。
長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
ポチッとしていただけると嬉しいです


banner_02.gif 88-31-1.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ
[2008/03/10 09:47] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

出産後のこと 

皆さん!
たくさんのお祝いのコメントをいただき
本当にありがとうございます☆

出産して2週間が経ちました。
入院中は出産した翌日から
沐浴の仕方・退院後の生活指導など
日中は毎日いろんな行事が組まれていて大忙し。
夜は娘のお世話だけでしたが、
出産後は寝なくても体が動くホルモンがでているらしく、
長い安静生活から解放された嬉しさもあって、
深夜にガサガサ荷物を整理したり
(個室だったので…)
おっぱいマッサージをしたり…
助産士さんに
「今は動けるホルモンが出てるけど、
赤ちゃんが寝ているときに一緒に寝なくちゃダメよ」
と言われるくらい元気モリモリ動き回っていました。
娘は一旦1900グラム台まで体重が落ちてしまい心配でしたが、
徐々に回復して1週間後には出生体重近くまで回復できたので、
低体重児ではありましたが、
予定どおり出産後1週間の入院で退院することができ、
今は家族3人で実家のお世話になっています。

私は退院してから、それまで張り切りすぎていた分、
一気に疲れが出てしまいましたが、
娘は2~3日前から少し熱が高めで、
心配でなかなかゆっくり出来ない状況です。
ミルクの飲みも良いし、機嫌も悪くないので、
急を要する状態ではないのですが、
心配なので、熱が続くようならば、
明後日の半月検診の後に小児科に行ってこようと思っています。


[2008/01/28 19:50] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

出産しました! 

こんにちは。
17日、帝王切開予定で退院したのですが、
14日の昼過ぎに出血(おしるし)があり、
すぐに診察してもらうと、
先生から「普通分娩でもいいよ」とのお話が…
すっかり帝王切開の覚悟でいたので、
まさかの急展開に動揺していたら、
翌15日早朝から鈍い痛みを感じ、
病院に行くとそのまま陣痛室へ直行。
そこからは急に
「よし!下から産むぞ!!」の気持ちが高まり、
陣痛を促すために病院内を歩いたり、おっぱいマッサージを続けた結果、
一気にお産が進み、15日午後10時52分、
先生や助産士さんに驚かれるほどのスピード出産となりました!

産まれてきたのは2085グラムの女の子。
体重は予想していたものよりだいぶ少なめでしたが、
泣き声も大きく、元気いっぱいです!
体重が少なめということで、ちょっと入院は長くなりそうですが、
元気いっぱいなので安心しています。

妊娠がわかってすぐに安静の指示があり、
そして長い入院生活がつづいていましたが、
今までたくさんの方々に励ましていただき、
こうして無事に出産することができました。
本当にありがとうございます。
今朝も小児科の先生から
「赤ちゃん、小さいけど健康だよ」と言われ、
嬉しい気持ちと、ホッとした気持ちが込み上げてきて、
人目も気にせず泣いてしまうような新米泣き虫母ですが、
娘と一緒に少しずつ成長していきたいと思っています。



<<追記>>

流産を経験し
娘を出産するまでの経緯をまとめました。

2005年7月 7週で稽留流産
 その後、無排卵月経が続く

2005年11月~2006年3月
 クロミッド+HCG注射 タイミング指導
 無排卵と排卵を繰り返す
 LUF(黄体化未破裂卵胞)
卵胞は成長するが排卵されない
排卵されず残った卵胞が卵巣の中で大きくなり、
下腹部痛などの症状がでる

2006年3月 
 病院で化学流産と診断される

2006年4月~8月
 治療を中止しお休み期間

2006年9月~10月
 高温期に茶オリ&出血
 「黄体機能不全」との診断
 高温期にデュファストン服用

2006年11月
 治療お休み期間に入る
 独自に体作り
 ・玄米食にし豆製品を多く取る
 ・体を冷やさないように冷たいものは摂らない
 ・ホカロンでお腹を温まる
 
2007年1月 漢方開始!
 周期療法に入る前に
 まずは胃と冷え性の改善

2007年2月 
 妊娠検査薬陽性反応
 高温期28日で化学流産

2007年3月
 心と体を休めるために
 漢方・ヨガなど全部をお休み

2007年5月
 高温期16日目 検査薬陽性
 高温期17日目 胎のう確認
 
 高温期23日目 出血
 「切迫流産」との診断で入院
入院期間 5日間

2007年7月 
 妊娠11週 下腹部の張り 
 「切迫流産」で再入院
 24時間 ズファジラン点滴
 妊娠12週 卵巣膿腫開腹手術
 妊娠16週 退院 
 入院期間 33日間

2007年9月
 妊娠21週 子宮頚管3.2cm 
 「切迫早産」との診断で再入院
 24時間 ウテメリン点滴
      ↓
2008年1月
 妊娠37週4日 
 帝王切開予定で一時退院
 入院期間 114日

妊娠38週1日 出血(おしるし)
 病院に行くが医師から
 「帝王切開は中止。
 このまま自然分娩でいきましょう」と言われ一旦帰宅
 子宮口2センチ開 

妊娠38週2日 午後10時52分出産
 普通分娩(会陰)
 分娩時間18時間(強い陣痛からは5時間)  
 
 身長43センチ  体重2085グラム











[2008/01/17 15:59] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(37W4D) 

こんばんは。
今朝、10ヵ月妊婦検診がありました。
やはり体重は少ないのですが、
超音波検査も異常がなく、
37週も越えていることから、
急遽「明日退院していいよ」との話になりました!
来週、手術2日前の火曜日には再入院となりますが、
実家で体を休めてこようと思います☆

再入院前に破水や陣痛が起きれば
緊急帝王切開手術になってしまうので、
病院からの指示はありませんが、
大人しく過ごそうと思います!
[2008/01/09 19:15] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)

入院生活(37W1D) 

おはようございます。
昨日から正期産(37週目~)にはいりました。
しかしクリスマス前から歯痛に苦しみ、
やっと回復してきたと思った年末には大風邪を引いてしまい、
咳こんだことによりお腹にチカラがはいったのか、
それまで以上に頻繁に張りを感じ、
点滴の濃度がいっきに倍に上がってしまいました。
それによって副作用も強くなり、
風邪の怠さ+副作用で年末からの数日間はヘロヘロ…
ムカムカが続き、1キロほど痩せてしまいましたが、
一昨日くらいからやっと半分くらい食事がとれるようになってきました。

先週36週の検査で、
赤ちゃんの推定体重もやっと2000グラムを越え一安心。
しかし、先生との話し合いの結果、
赤ちゃんへの負担が少ないほうが良いとのことで、
来週1月17日(木)、
38週5日で帝王切開にて出産することに決まりました。
元気に産まれてきてくれると信じていますが、
もし呼吸がうまくできなかったり、
ミルクの飲みが悪いなどの症状がでた場合は、
すぐにNICU病棟のある、連携している病院に搬送されるそうです。
不安はありますが、
ずっとお世話になってきた
先生・助産士さん・看護士さんを信じて、
手術日がくるのを楽しみに待とうと思います。

先日の話し合いのときに先生から
「今までよく頑張ってきましたね。
お腹の張りが落ち着いていたら、
手術前の来週末(今週末)に一度退院して、
自宅でゆっくり羽をのばしてきていいからね」と
嬉しい提案がありました!
長い入院生活。
一晩でも帰れれば嬉しいなぁと思いますが、
今は何よりも赤ちゃん優先で、
ムリはしないでおこうと思います。

今まで、コメントをいただいても、
点滴や手の震えで、
なかなかお返事出来ないという理由から、
記事を更新してもコメント欄を外してきましたが、
うっかり年末の記事のコメント欄を外し忘れてしまいました。
コメントくださった皆さん、
お一人お一人に、お返事できず本当に申し訳ありません。
仲良くしていただいていたお友達のコメントを読んで、
今でも見守ってくださっていることに感謝しています☆
初めましての方からも、
ベビー用品を譲ってくださるとのお話をいただいたり、
私は幸せ者だなぁと改めて感じています。
(ベビー用品はほとんど揃いました。
有り難いお話をいただきありがとうございました。)
たくさんの方からパワーを頂き元気もりもり!
帝王切開がんばります!!
[2008/01/07 11:47] 妊娠・入院・出産のこと | コメント(-)| トラックバック(-)