スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)

いろんな気持ち 

おはようございます☆
昨日は気温が25度にまで上がった札幌。
朝からだるくて家事を終えた午後、
ソファーで少し横になったのですが、
汗ダクダクで目が覚めました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
我が家の窓は南西向きなので、
午後1時過ぎから猛烈に陽が入るんです・・・
今日の予想気温は20度。
ちょっとだるいので午後からまたソファーで休もうと思います!
20度なら汗だくの心配なし!のハズ・・・

だるい、だるいと言っていますが、
実は今朝で高温期15日目を迎えています。
先週半ば体温が下がってきたので、
そのままリセットだと思っていたのですが、
週末になって一気に体温が上がり、
今日も高温が続いています。
ここしばらく胃の調子が悪く、時々ムカムカを感じていました。
下腹部痛もキリキリとリセット前の感じ。
PMSの症状だと思いますが、こうして高温期が続くと、
「もしかして?」という想いも出てきています。
風邪気味で熱っぽいということもあるのでしょうが・・・

今朝、まだ早いと思いながらも検査薬を試そうとしましたが、
夫から「もう少し待ってみたら?」と止められました。
今までのことがあるので夫は慎重になっているようです。
私自身、前回辛い思いをしたことを
今でも引きずっている部分があるので、
検査するのが怖いという気持ちがあります。

来週末は姉の結婚式。
まだ準備することがあり、
今日もこれからお買い物に行ってきます。
いろいろ考えてしまう状態ではありますが、
今は忙しくしているほうが良いのかなぁと思っています。

きっとこの記事を読んで
心配してくださっているお友達がいると思います。
いつも心配かけてごめんなさい。
検査は週末にしてみようと思っています。
その前にリセットとなればすぐにご報告いたします。

いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
ポチッとしていただけると嬉しいです


88-31-1.gif banner_02.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ 
スポンサーサイト

[2007/05/23 09:22] 体作り~妊娠まで2006・2007 | CM(39)| トラックバック(-)

病院&愛車報告! 

おはようございます☆
まだ熱っぽさが残るものの、
だいぶ回復に近づいてきました!
土曜日は自分で運転して病院へ

体温は高温期に移行しそうでしない状態が続き、
病院に行った日で周期22日目。
診察で右側に大きく育った卵胞を確認できましたが、
おじいちゃん先生からは
「これは排卵してないし、これからもしないだろうなぁ」
と言われてしまいました(ノωヾ*)ウゥ
今回も内膜は十分できているものの、
排卵した後の子宮の様子ではないとのこと。

「化学流産後の周期だし、期待しないでおこう」
と思って病院にいったはずが、
実際に言われてしまうと、ショックで落ち込みました。

今朝は36.74度。
排卵していないのに体温が上がる。
これは『黄体化未破裂卵胞(LUF)』の特徴でもあり、
排卵せずに残った卵胞からでてくるホルモンで、
体温が上がるのだそうです。
(以前、先生からそう教わりました)

「ん~排卵期特有のオリモノも出ていたのになぁ」と、
帰宅してからもドンヨリ。
気分を変える為に録画してあった番組を見ると、
アニマル浜口さんが『笑いビクス』の紹介をされてました。

ワ~ハッハ ワ~ハッハ ワ~ハッハ

以前ブログで「笑いビクス」の話をしましたが、
今回、久しぶりに
物凄い笑顔で笑いビクスを実践している姿を観て、
「∵ゞ(≧ε≦; )プッ」と吹き出し、
さっそく私も笑いビクスを実践!!
するとワ~ハッハとしている自分自身を想像しておかしくなり、
床を転げまわって笑いました。
すると不思議なことに気分もスッキリして、
「黄体化未破裂卵胞は今回だけかもしれないし、
 落ち込んでいても何も始まらない!!」と思えるように

『笑いビクス』ナイスです
アニマル浜口さん!ありがとう(。→∀←。)  

私が単純なだけかもしれませんが、
「笑う」って人間にとって凄く大事なことなんだと思いました。
そして先週末はレンタルしてきた
「ドリフターズの全員集合」のDVDで大笑い☆

大笑いでドンヨリから気持ちが落ち着いてくると、
病院からの帰り道で見かけた
「陶芸教室 4月スタート」と書かれた看板が気になり始め、
帰宅した夫に相談。
まずは電話をして料金などを聞くことになりました!
新しいことに挑戦したい気分です(`・ω・´)シャキーン


下の写真は、先週到着した愛車ラパンです!
って、雪で全然わかりませんよね
写真を撮ろうと思っていた今朝、
札幌では久しぶりの雪( ̄Д ̄;) ガビーン
車から雪をおろす道具(名前がでてこない・・・)は、
夫は車に積んで出勤してしまったので、
雪下ろしができないぃぃ。
ワイパーを動かしてみましたがこんな状態にしかならず、
しかもデジカメの電池が切れていたので、
部屋の窓から携帯で撮影したものです。

ラパン

凄く斜めに停車していますが、
前輪のすぐ側にタイヤ止めがあって、
それにぶつからないように停車するのが難しいのです。
って、これは言い訳かな( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
晴れた日にまた撮影したいと思います!!


追記(AM11:30)
溜まっていた家事をしていたら、
どんどん熱が上がってきてしまいました。
そしてちょっとムカムカも・・・
明日はどうしても出かけなくてはいけない用事があるので、
今日は午後から休もうと思います。

今日は応援と短いコメントしか出来ないと思います。
ごめんなさい。


いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
ポチッとしていただけると嬉しいです


88-31-1.gif banner_02.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ 

[2007/03/12 09:38] 体作り~妊娠まで2006・2007 | CM(30)| トラックバック(-)

化学流産 基礎体温と体調 

こんにちは☆
体調はだいぶラクになったものの、
まだダルさがあり、家事以外は横になって過ごしています。

今回のことは化学流産としては期間が長く、
症状も稀だったのですが、
記録として記事にすることにしました。
生々しい表現になっていますので、
ご気分の悪い方はどうかスルーされてくださいね。



先週2月16日(金)から出血が始まりました。
痛みはいつもの生理痛よりもかなり強めで、
「うぅ」と声が出てしまうほど。
そしてその日の晩、何か大きなものが出た感覚があり、
トイレにいくと、それまで見たことの無いものが出ていました。
私は血の塊が出やすいのですが、
血ではなく、白い膜のような塊でした。
それが出てからは痛みも弱くなり、いつもの生理痛ぐらいに。
そして出血が始まって4日目の2月19日(月)、
病院へ行ってきました。

超音波検査で調べると、内膜のほとんどが出た状態で、
あとは出血が少し残っている程度。
「白い膜のようなものは子宮内膜だと思うよ。 
 それがいつまでも残っているようなら手術が必要だったんだ。
 持ってきてくれれば検査できたんだよ」と言われました。
そしてHCG値が低くなるまでは
子宮外妊娠の可能性が否定できないとのことなので検査し、
昨日、検査の結果を電話で聞くと
HCG値が「13」にまで下がっていたとのこと。
おじいちゃん先生から、
「このまま様子を見ていて大丈夫そうだね。
 手術の必要はないよ。
 今度は2週間後に見てみよう。
 そのときには、卵巣に大きくなった卵胞が見えるか、
 排卵済みの卵胞の跡が確認できるかもしれないね。」 
とのお話でした。
先生は私を励ますために
 「今回は残念だったけど・・・」と話し始めましたが、
私は
「今は結果がわかってスッキリしています。
 手術の必要がないということで安心しました。
 今回が最後ではないので、また次がんばります。」
と答え、先生は
「あなたがそう言ってくれて先生も安心しました」
と言ってくれました。

<<基礎体温&体調>>
日 周期 体温 仲良し  体調        薬
1/2  低1  無し
1/3  低2  無し
1/4  低3  無し
1/5  低4  無し
1/6  低5  無し
1/7  低6  無し
1/8  低7  無し
1/9  低8  無し
1/10 低9  36.16
1/11 低10 36.17
1/12 低11 36.07
1/13 低12 36.30
1/14 低13 36.13
1/15 低14 36.24 ○
1/16 低15 36.35   大量の伸びるオリモノ
1/17 低16 36.42 ○
1/18 低17 36.37   左下腹部に痛み 
1/19 高1  36.44 ○
1/20 高2  36.62
1/21 高3  36.45
1/22 高4  36.70
1/23 高5  36.61
1/24 高6  36.67
1/25 高7  36.64
1/26 高8  36.69
1/27 高9  36.70
1/28 高10 36.74
1/29 高11 36.61
1/30 高12 36.73
1/31 高13 36.77
2/1  高14 36.61 左足付け根痛 妊娠検査薬陽性(薄い)
2/2  高15 36.75 左足付け根痛・出血・吐き気
2/3  高16 36.74 病院(胎のう確認出来ず)
            HCG値70           デュファストン・ダクチル
            左足付け根痛・出血・吐き気    〃
2/4  高17 36.81  左足付け根痛・出血・吐き気    〃 
2/5  高18 36.78 左足付け根痛・出血・吐き気     〃
2/6  高19 36.74 左足付け根痛・吐き気        〃    
2/7  高20 36.73 左足付け根痛・吐き気        〃
2/8  高21 36.68 左足付け根痛・吐き気        〃
2/9  高22 36.75 深夜に病院(胎のう確認出来ず)   〃
            左足付け根に激痛・出血・吐き気  
2/10 高23 36.87 病院(胎のう確認出来ず)      〃
            HCG値800
            左足付け根激痛・出血・吐き気   
2/11 高24 36.81 左足付け根激痛・出血・吐き気    〃  
2/12 高25 36.78 左足付け根激痛・出血・吐き気    〃
2/13 高26 36.85 左足付け根痛・出血・吐き気     〃
2/14 高27 36.75 病院(胎のう確認出来ず)       〃
            HCG値300
            左足付け根痛・出血・吐き気
2/15 高28 36.58 左足付け根痛・出血   
2/16 低1  36.36 下腹部に激痛・出血大量・白い膜の塊
2/17 低2  36.25 下腹部痛(生理2日目程度)出血大量
2/18 低3  36.28 下腹部痛(生理2日目程度)出血大量
2/19 低4  36.18 病院(内膜ほとんど見えない)
            HCG値12 
            下腹部痛(生理終了時期程度)出血中量 
2/20 低5 36.11  下腹部痛(生理終了時期程度)出血少量
※病院で排卵を確認していないので、
 高温期と数えた始めた日は確実ではありません。   
 基礎体温計の表示で数えています。
 最初に妊娠検査薬で陽性反応がでたのが2月1日。
 そのときは時間も経っていたし、とても薄いラインでしたが、
 それから毎日検査すると、
 ラインは日に日に濃くなっていきました。


昨年11月から治療をやめ、独自で体作りをしていました。
治療をしていた頃でさえ、
排卵しているのか分からなかった私が、
今回化学流産という、もう少しの段階までこれたことは、
体作りをしていたことが大きいのかなぁ思っています。
(「化学流産=もう少しだった」というのは私の考えであり、
 お医者様の意見ではありません)
<<体作りのためにしていたこと>>
・漢方(周期療法ではなく、まずは胃腸と冷えの改善)
・発芽玄米(白米と1:1)
・ご飯+魚+野菜たっぷり味噌汁+納豆が基本の食事で
 あとは煮物や副菜
・豆類をたくさん(納豆・枝豆・黒豆など) 
・自宅での調理時、油は全てオリーブ油
・冷たいものを飲まない&食べない
・「コアラのマーチ」ホッカイロで1日中温める
・ヨガ
・ツボ押し
・半身浴

本当はもっと努力する点はあるのですが、
今までほとんど体に気を使わず暮らしていたので、
これだけでも私には十分効果があったみたいです( ̄∇ ̄*)ゞ
あとは昨年末から挑戦していることがあり、
「赤ちゃん待ち」から少し離れ、
別のことに夢中になっていたのも良かったのかなぁと思います。
新しく始まった周期。
体を休めるために、上記の体質改善のことは忘れて、
しばらく自由に過ごすつもりです。
今回のことで排卵できることが分かったので、
あとは卵の質を良くすることと着床!
また春からモリモリ体質改善です(`・ω・´)シャキーン

たくさんの温かいコメント・メールをありがとうございました。
支えてくれるお友達がいてくれること。
本当に感謝しています。
いろんな方のお話を聞き、
そして今回の経験で、少し強くなれた気がします。
まだ先は長そうですが、諦めず歩いて行きたいです。
これからもどうぞ宜しくお願いします☆

ブログはもう少しお休み。
ご訪問はランキングの応援だけで失礼させていただいています。
今度記事を更新するときは、
元気モリモリ「フンガー」でお話したいと思います!

長い記事を読んでくださりありがとうございます。
読んでくださった方の中には
「化学流産」という言葉を検索し、
不安な気持ちで
このページを開かれた方がもいらっしゃると思います。
この記事でさらに不安にさせてしまったとしたら、
本当にごめんなさい。
今回の私のケースは稀で、
化学流産のほとんどは高温期が続かず、
生理予定日前後でのリセットとなるそうです。
今、不安な気持ちでいっぱいのことと思います。
どうか化学流産ではなく、
胎のう・胎芽・心拍が確認されますように。

いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
ポチッとしていただけると嬉しいです


88-31-1.gif banner_02.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ 
[2007/02/21 08:16] 体作り~妊娠まで2006・2007 | コメント(-)| トラックバック(-)

結論がでました 

おはようございます。

病院で「まだ諦めてはいけないよ」と言われた翌日、
昨日の体温はガクっと下がり36.5度台。
この体温を見て「あぁ生理が来るな」と感じました。

体温が下がったことを伝え、
前日のHCGホルモン値を聞くために病院へ電話すると、
「まだ検査結果がでていない」とのこと。

「出血が始まったら生理だと思っていいですか?」と聞くと
「ん~ホルモン値が1000以上になっていると
 手術が必要なんだよね。
 ダラダラと出血が続くと次の妊娠の妨げにもなるし、
 ガン化する可能性もある・・・」とのお話。

検査結果を聞くために数時間後に電話すると、
2月 3日(土) HCG値 70
2月10日(土) HCG値 800
2月14日(水) HCG値 300
と、前回の数値より下がっていました。

「300だから、自力で出てくれるのを待つといいよ。
 1週間~10日間で出血が終ってくれればいいけれど、
 だらだら続くようであれば、やっぱり手術しなくちゃね」
と言われました。

昨夜から腰がドンヨリ重く、まさに生理前といった感じ。
そして今朝の体温は36.3度台。
今晩にも出血が始まると思います。
先生は
「あまりにも出血が多いと思ったときは
 土日や深夜でも病院に来てね。
 当直の先生が出血を少なくする処置をしてくれるから」
と言いましたが、その処置は出来るだけ受けたくありません。
処置の内容は生々しい話になるのでここには書きませんが、
一昨年、流産のときにその処置を受け、
今でも思い出すだけで恐怖で足が震えるほどです。
処置や手術をすれば肉体的回復は早いかもしれない。
だけどその後の精神的ダメージはとても大きい・・・
処置や手術無しで自力で出てきてくれればなぁと思っています。


この2週間。
夫とたくさん話して、たくさん泣きました。
激痛や不安でまともに眠れなかった日々。
心も体もとても疲れました。
今回のことで妊娠することの難しさ、
体への負担を改めて強く感じ、
「しばらくは妊娠から離れて体を休めたい」
というのが今の正直な気持ちです。


安静にしている私を気遣い率先して動いてくれた夫。
痛みで動くこともできない私を見て
「変われるものなら変わってやりたい」を涙を浮かべた夫。
辛い2週間でしたが、夫の優しさ・愛情を感じ、
それまで以上に
「この人と結婚して良かった」と思うようになりました。
『夫と自分の子供をこの手に抱きたい』
その気持ちは変わっていません。
でも「夫が居てくれたら、それで幸せ」という想いが強くなり、
赤ちゃん待ちの気持ちが少し変わった気がします。


今回、高温期が続いたこと。
先生はきっと「化学流産」という診断をされると思います。
私が今まで経験してきた化学流産は
妊娠検査薬でうっすら陽性反応がでても、
生理予定日前後にはリセットとなっていました。
きっと検査薬を使っていなければ気がつかなかった。
でも今回は検査薬が陽性、そして高温期が続いたことで、
「妊娠?化学流産?」といつも以上に気持ちがフラフラし、
結論が出るまで本当に長く感じました。
化学流産としては稀な症状だったと思いますが、
体が落ち着き次第、今回の体温・体調・経過を
記事でご報告したいと思っています


皆さん、この数週間。
たくさんの励まし、温かいお言葉。
本当にありがとうございました。
とても感謝しています。
そしてご心配をおかけしたこと、
本当に申し訳ありませんでした。
疲れてはいますが結論がでたことで、
気持ちはスッキリしています。
もう泣いていません。
体が回復したら、また食生活の改善から!
気持ちも新たに新しい一歩を踏み出せたらなぁと思っています。

いつも応援してくださり、ありがとうございます☆
今日からランキング復活です!
ポチッとしていただけると嬉しいです


88-31-1.gif banner_02.gif にほんブログ村 主婦日記ブログへ 
[2007/02/16 09:03] 体作り~妊娠まで2006・2007 | コメント(-)| トラックバック(-)

まだ結果はでませんでした 

こんにちは。

先週金曜日から始まった左足付け根の痛み。
連休の間も一定の間隔で強い痛みが走り、
額に脂汗をかくほど。
痛みは月曜日の午後から少しずつ治まり、
それと同時に出血も治まりましたが、
夫が3連休だったので、
ずっと側に居てくれたのが救いでした。

先週の土曜日に、おじいちゃん先生から
「出血はあったけど諦めてはダメだよ」と言われ、
引き続き黄体ホルモンを服用しているからか、
今朝も高温期を継続中。
そして今朝、病院に行ってきました。

内診台にあがり、診察を待っていると、
遠くのほうから
「え~っと、先週の土曜日でHCGが800か。
 ってことは今日も見えないなぁ」
と、おじいちゃん先生の声が。
診察の前に「見えない」という結果がでていました。
そして診察。
内膜はさらに厚くなり17mm。
子宮は柔らかくなっているそうです。
先生の診断は、
「胎のうは見えないけど、
 内膜も厚くなってきているし、子宮も良い感じだね」
とのことでした。

化学流産・子宮外妊娠を心配する私にたいして先生は、
「先々週の土曜日のホルモン値が70で、先週の土曜日が800。
 ホルモンは順調に増えているよ。
 胎のうが見えてくるのは3000くらいになってから。
 だから今日は見えなくて当たり前なのさ。
 子宮外妊娠だとしてもまだまだ見えてこない数値。
 疑うのはホルモン値がもっと上がって、
 それでも子宮のなかに胎のう見えないとき。
 まだまだ心配する時期じゃないよ。」
 
「計算では5週目に入っているのに胎のうが見えないと、
 心配しているみたいだけど、
 今時期の1週間くらいずれは、
 あっという間に取り戻せるから心配しないで。
 あなたが今しなければいけないことは、
 心配することよりも、安静にすること。」
とのことでした。
 
次の診察は何も無ければ一週間後。
今日の黄体ホルモンのデュファストンと、
張り止めのダクチルを処方されました。

私の計算では、明日から6週目に入ります。
私が調べた本では、早い人では4週目から。
そして遅くても6週目には胎のうが確認されるそうです。
来週の病院の頃には6週目の終わりのはず。
この1週間ではっきりすると思います。
私自身、今は諦めの気持ちが大きいですが、
おじいちゃん先生が
「先生が大丈夫だって言ってるんだから」と言ってくれたので、
その言葉を信じて、大人しくしていようと思います。


ブログへのコメント、
携帯やパソコンへの励ましのメール。
本当にありがとうございます。
お返事が出来ず、申し訳ありません。


今日はバレンタイン。
皆様、ステキな1日をお過ごしくださいね。
[2007/02/14 15:32] 体作り~妊娠まで2006・2007 | コメント(-)| トラックバック(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。